先生と患者

腸閉塞は危険|放置していると手術が必要になる

重篤になる前に治療

女性

腸に負担をかけない

腸閉塞になってしまうと小腸や大腸の腸管の一部が塞がってしまって、食べ物や消化液、糞便、ガスなどが腸を通過できなくなってしまいます。やがて便や腸内で発生したガスがたまり腹痛や吐き気、嘔吐、おなかが張るなどといった症状が出てきます。また脱水症状を起こしてしまうこともあります。速やかに治療をしてしまわないと腹膜炎や腸内の細菌が増殖してしまい、それが血管に入ってしまうと敗血症やショック状態を起こしてしまい命に係わる場合も出てきます。腸に負担をかけないためにも暴飲暴食や便秘を避けてよく噛んで食べたり、おなかを冷やさないことが大切になってきます。複雑性や重症の腸閉塞の時には緊急手術が必要になってくることもある重篤な病気になります。

敗血症を起こさないために

敗血症は血液における細菌感染症で、体内にある感染病巣から血液の中に病原菌が流れ込んで、体内のほかの場所に感染病巣を作って重篤な全身症状を引き起こしてしまう病気です。腸閉塞が起こってこの敗血症にならないために腸閉塞の治療では、腸にたまったガスや液体を排出する必要が出てきます。そこで鼻から胃や腸にイレウス管という吸引チューブを挿入して、腸の中にたまっているものを吸い出し腸管の内圧を下げる持続的腸吸引法を行います。イレウス管から造影剤を注入して小腸を造影することで閉塞の部位の診断も行います。大腸がんなどで単純性の腸閉塞が起きているときは、開腹手術で詰まってしまった部分を除去して腸管内を便が通過するようにします。

遺伝子検査で効果的な治療

看護師

肺がんは気管や気管支、肺胞の細胞ががん化することで起こります。もともとは正常な細胞だったものが、喫煙などが原因で細胞に異常が起きがん細胞となります。それが増殖していった結果が肺がんです。日本人のがんでの死亡原因のトップは肺がんです。目立った初期症状がないため、定期的にがん検診を受けることが大切です。

もっと見る

接骨院で治療する

病棟

行徳にある接骨院や整体院は、腰痛の原因を正しく調べて個人に合った治療方法で治療する事が出来ます。椎間板ヘルニアの様に骨や神経に異常がある場合には、早期の治療が必要になるため専門医の指導によって正しく治療する事が重要です。

もっと見る

特徴と予防のために

病院

咽頭がんは発生する部位によって症状の出方に違いがあるのが特徴で、声門付近に出来た場合は早い段階で声がかすれたりしますが、声門から外れた場合、かなり進行してからでないと気づかない場合が多いです。喫煙は咽頭がんの最大の危険因子です。予防のために喫煙はとても重要です。

もっと見る